« 狂人 | トップページ | 男達 »

2006年11月25日 (土)

恋慕

え?私のことを好きな男がいるって?マジでー、そうなのぉ。うふふ。どんな気持ちかって?まぁ…どんな人とか関係なく、好かれる事自体は悪い気なんてしないわよ。へ~こんな私のことが。えへへ。…で、誰なの?実際。え?聞こえなかった、もっかい言って?…は?!あなただって?マジで!?うわーマジ最悪。てかマジでキモイ。無理。今後一週間辺りブルーな気持ちだわ。なに?私と付き合おうとか思ってたの?うぁ~ありえない。死ねよマジで。あなたとセックスするくらいなら夜道で数人の変態に輪姦された方がマシだわよ。てかあなたとセックスなんて考えただけでも吐き気がするわよ。吐き気が。いや…、冗談じゃなく。や、ちょい待って。てかちょゴメ本当におぼぼぼぼぼぼ!おぉぼぼぼぼぼぼ!!ぼろろろろ!ろろぉ、お、、おほ、おほ。ふー、失敬。あ、飲む?私の嘔吐物。出来立てのホヤホヤよ。せっかく告白なんてしてくれたんだし今なら体中の老廃物と言う老廃物をミックスしてあなたに差し上げてもよろしくてよ。おほほほ。あら、そろそろバイト先の「クラブ 恥垢取り放題」に行く時間なので失礼しますわ。ゴメン遊ばせ。


高校時代、そんな感じでフられたことがあります。その時の屈辱ははっきりと覚えています。しかし、その当時はなにクソ!と、それをバネに頑張れた気がします。今の創作意欲に繋がっているとも言えるでしょう。そしてその頃から私のバイタリティは変わっていません。人間は変わらない。変わっちゃいけねェんだ。皆さんこんばんは、史村翔です。

|

« 狂人 | トップページ | 男達 »